世田谷246ハーフ 前半戦|美ジョギング
楽しく・美しく走るのがモットー。年に何度かはタイム狙ってみたり、ウルトラもやってます。
プロフィール
Jun
Jun
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 93人
QRコード
QRCODE
過去記事
2009年11月09日

世田谷246ハーフ 前半戦

毎度のことですが、ハーフなのに長くなります(^^ゞ。

っていうか、今回は前半と後半で全然違う走り方したので、レポートも前半戦・後半戦でいかせていただきます。
駒沢公園をスタート。駒沢通りを通って246へ。そのまま246を突っ走って二子玉川へ。多摩堤通りから川沿いのランニングコースへ。再び多摩堤通りに戻り、今度は目黒通りを上って^^;、駒八通り経由で駒沢通り⇒駒沢公園に戻ってくる…というコースです。

実家の近くを通るし、普段車で走ってる道を走れるとあり、エントリーしてみようと思いました。抽選だなんて知らずに。交通規制の関係かたったの1,000人しか走れないんですね、このレース。

ダメモトで応募したら当選。何故か喜ぶ両親。「応援に行くからね」って。嬉しいような、恥ずかしいような。

1週間ほど前から応援ポイントを確認し、前日には「ウェア、写メして」なんてメールくるし。オトナになってから走ってる姿を両親に見せるのは初めてなので、双方ドキドキしてました(笑)。

前置きが長くなりました(^^ゞ。



このレース、とっても特徴的なことが。それは交通規制の関係だと思うんですが…スタート時間が早い!なんとAM8:30スタートです。受付にいたっては6:30~7:45。

朝頑張らないといけないけど、午前中にスパっと走り終わっちゃうので、レースに出ても1日が有効に使える。とっても新鮮な感じでした。

女子は参加者が少なく、更衣室もトイレも空いてて◎。受付・着替えをスムーズに済ませ、甘党ランナーズお仲間のgongonさんと合流。

「目標タイムは?」なんてしゃべりながら栗大福(←秋だしね^^)でエネルギー補給してるところ。栗大福美味しかった~!(笑)

gongonさんと同じTMクラブのつなさんと。gongonさんもつなさんも速いので、「ゴールで待ってて下さいね~」なんて言いつつ記念撮影。



昨日のウェアは手賀沼の時と同じNBのノースリ。NBのノースリはお気に入りで色違いで5枚くらい持ってるから、違う色にしようと思ったんだけど、両親が「ピンクが一番わかりやすい」って言うから…^^;。下はCW-Xのランスカ(かなり初期のモノ)に先日買ったばかりのCW-Xショートタイツ(←腰が安定してヨカッタ!)。膝下にはゲイター(ゲイターはgongonさんとお揃いだった♪っていうか、ゲイターでレースに参加してる人いっぱいいた^^)

荷物を預けてスタートに並びます。スタートの区切りがヒジョーにザックリしたものでした。1時間20分以内、1時間20~40分、1時間40分以上…の3つだったと思います。

人数多くないからいいのかな~と思いながらも、1時間30分切るか切らないかってだいぶ違うよな~と思いながら1時間20~40分のゾーンへ。自己ベスト狙いではないけど、この日の作戦上、このゾーンの真ん中らへんに。

この日の作戦は…ハーフのレースなんだけど

10kmレースのつもりで10kmまで走る!(目標4'20"/km以内で)
10kmから先は応援に答えながら楽しく走る!


というかなり変則な2部構成。普段1人で10km全力走とかなかなかできないのでね、スピード練習です。10kmから先のことは考えず、10kmでヘロヘロになるくらいに頑張るつもり。

が、スタートの号砲がなって走り始めが…遅い(スタートロスは10")。やっぱりと言いましょうか、長袖のジャージ上下の人とか(それでも速いのかもしれないけど)、ボトルポーチ装着の人とか(それでも速いのかもしれないけど)、並んでおしゃべりしながら走ってる人々(それでも速いのかもしれないけど)が行く手を阻みます。もうちょっと前に並べばよかった~(>_<)。

駒沢公園内のコースは幅が狭く、なかなか前に行けません。右に左にひょいひょい走ってもなかなか前に行けません。思うように走れるようになったのは駒沢公園出てからでした。

駒沢通りに出ます。応援の方がずらり。ありがたい~。公認レースなので、1kmごとに距離表示があるのも助かりました。タイムを確認すると、スタート直後のゴタゴタで目標の4'20"/kmをかる~く20秒以上オーバー。ギアチェン。

いっきに息も上がって苦しいけど、246は広くて走りやすい~。ビミョーに下ったり、上ったりでペースが安定しませんでしたが、4'20"以内をキープ。桜新町のあたりで、サザエさんの応援パネル確認^^。あっという間に環八をくぐって二子玉川へ。

うわ~、玉川高島屋の前走っちゃってるよワタシたち…とか思う。こんなところ走るなんて面白い!二子玉川は地元なんですよ(二子玉川小学校卒です!)、だから余計面白くて。

川沿いまで下りきる手前で5km地点。

スタートロス 10"
~5km 21'32"

精一杯頑張ってます。小学生の頃よく通った川沿いの狭い道を通って多摩堤通りに出ます。これまたかつて通ったコヤマドライビングスクールを通りすぎ、1回目の給水。コップ取ったけど、スピード出してるからゴミ箱までにはほんのちょっとしか飲めませんでした(ほとんどこぼした…^^;)。でもきちんとゴミ箱へ。

だいぶキツくなってきました。でももうちょっと先で両親に会えるハズ。走って行くと、いました、いました。こちらから手を振ると、父も気づいて手を振り返す。でもあれ…?母がいない。

走りながら「お母さんは~?」と聞いたのですが、どーやら父は女子の順番を数えることに夢中になっていたようで、私の質問は一切無視。

「10位以内に入ってるぞ~、頑張れ~」

…って。あのぉ~超恥ずかしいんですけど^^;。走り過ぎた後も、父が大きな声で

「あれ、娘なんですよ~」

とか言ってるのが聞こえるし。超恥ずかしい。でもおかげで、周りの見知らぬ方からも「娘さん、頑張って」なんて応援してもらえたけどね。キツいところで踏ん張れました。感謝。

そーいえば、変則2部で走ることにしたって両親に伝えるの忘れてた~!両親と話した時は4'40"/kmくらいのペース走かな~って思ってて、そのつもりで通過時刻を伝えてました。

前夜になって急きょ作戦変更したので、伝えていたよりもだいぶ早く応援ポイントに着いてしまったようです。自身もかつて陸上選手でマラソンや駅伝の中継大好きな父は、じっとしていられず、トップ通過から応援していたんですって。

一方、母は私に言われた通りの時間にポイントに行こうと思い、でも何となく気になって予定より早く家を出たものの…間に合わなかったそうです(今朝電話かかってきて、そう言われました^^)。

父から数百メートル走ったところで、予定外に母登場(応援ポイントに向かう途中だったみたい)。ぶんぶん手を振ってます。私も手を振り返します。

「頑張んなさ~い」

に続いてやっぱり…

「娘なんですよ~」

って。またも「娘さん、頑張って」コールを受ける。すでに走り過ぎていたので、手だけあげて後方に向けて振ったら、「余裕あるわねぇ~」なんて言われるし。

この時点で余裕はほとんどありませんでした^^;。でも直々に応援受けたら答えないわけにはいきません。応援に答えることで元気も出るしね。

元気は出ても足はどんどん重たくなり、本当にキツい。ペースも落ちてきてる~。でも折り返してきたトップ~5位くらいまでの選手には「頑張れ~」と叫んでみた。速くてカッコいいなぁ~。

私の方はと言うと…8km過ぎてもうヘロヘロ。応援にも手を振ったり、頷くくらいしかできなくなる。

折り返してきたつなさんが声かけてくれる。はっと気付いた時には、つなさんは遥か後方。つなさん、答えられなくてゴメンナサイ。

続いて誰かが「Junさん」って呼んでくれたことに気づく。でもゴメンナサイ、どなたか認識できず。

gongonさんには声かけようと思って、折り返しランナーをチェック。gongonさん発見。でも声出せず、大きく手を振り合うだけでした。本当にめっちゃキツイ。それがタイムに出ちゃって、スタート直後をのぞくと9kmまでのラップが一番悪かったデス^^;。

あと1km、あと1kmと唱えながら走ってました。10km表示が見え、なんとかそこまで振り絞って走る。

~10km 21'57" (10kmタイム:43'30")

ふぅ~、後半5kmは目標オーバーしてるものの…なんとか43分台。10kmまでの第1部はひとまず終了~。道の端により、jogに切り替えます。あとは楽しく気持ちよく駒沢まで帰るだけ♪

たったの10kmなのに、両親のこと書いたらこの長文。恥ずかしくも嬉しく、そして面白くもあったので長々と書いちゃいまして、失礼しました。10km以降は明日~。

同じカテゴリー(世田谷246マラソン)の記事画像
世田谷246マラソン 応援
世田谷246ハーフ2013
世田谷246ハーフ★応援レポ
世田谷246ハーフ 後半戦
同じカテゴリー(世田谷246マラソン)の記事
 世田谷246マラソン 応援 (2015-11-09 20:45)
 世田谷246ハーフ2013 (2013-11-11 20:45)
 世田谷246ハーフ★応援レポ (2010-11-24 20:45)
 世田谷246ハーフ 後半戦 (2009-11-10 20:46)