世田谷246ハーフ 後半戦|美ジョギング
楽しく・美しく走るのがモットー。年に何度かはタイム狙ってみたり、ウルトラもやってます。
プロフィール
Jun
Jun
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 93人
QRコード
QRCODE
過去記事
2009年11月10日

世田谷246ハーフ 後半戦

10km以降の後半戦に参ります~!
10km付近の川沿いジョギングコースは、実家に帰って走る時に使ってるコース。

荒い呼吸が落ち着くと、ここをレースで走る日が来るなんて~としみじみ思いました。折り返しに向かう後続ランナーにもようやく目を向けられるようになります。

ボリュームゾーンを通り過ぎたあたりで、スタート直後に見かけた、並んでおしゃべりしてたランナー発見。

さらにジョグで進んで行くと、折り返しに向かうランナーの数はぐぐっと減り…その中に、これまたスタート直後見かけた長袖ジャージ上下のランナー発見。恐らく、後半猛烈にペースアップしない限り1:40以内にはゴールできないと思われます。

ビギナーさんだったのかも。スタート前、タイム順に並ぶこと知らなかったのかも。このレースで知って、次から守ってくれるといいなぁ~。

ジョギングコース沿いにも応援の方々が。ニコニコしながら応援してくれます。参加数の少ない女子は特にね。「ありがとうございま~す」って答えまくります⇒すると、さらに応援してもらえます^^。

さらに進んで行くと、ランニングウェアを着た男女2人組発見。折り返しに向かう途中「Junさん」って声が聞こえた方を見たら、ランニングウェアを着た人だったので、もしや…?と思いながら走って行きます。「もしかしてさっき…」と聞くとニコニコ「そうです!」と答えて下さり、いっぱい応援してくれました。naoさんご夫妻、とっても嬉しかったです。ありがとうございました☆

さらに進むと、今度こそ2人揃った両親、再び。ここで足踏みジョグしながら事情を説明。

「今日はね、10kmまで飛ばしてあとは…」

と言ったところで、父が

「いいから、早く行け!」

と手で追い払うしぐさ。いくらなんでも酷い…と母を見る。母はいつも「無理しちゃダメよ」と優しく言ってくれるのに、父に順位を吹き込まれたらしく

「女子はまだ10人くらいしか通ってないから、早く行って!」

あ~ん、母まで。何ならここで記念撮影ぐらいしてもいいと思ってたのに、父はカメラも持ってないし、何より順位が気になってる様子。そんなに気にしなくても…(笑)

ちょっと寂しく、でも順位を気にする両親を面白く思いながら手を振り別れました。第2給水ポイントに到着。ゆっくりと給水しました。ゆっくり過ぎて、近くにいたチビッコに「ちゃんと走って!」なんて言われちゃいました(^^ゞ

第1給水では自分の紙コップのことで精一杯で周りを見る余裕がありませんでしたが、ここで路上を見る。皆さんマナー◎で、路上に落ちてる紙コップは数えるほどでした。後続ランナーも走りやすいし、気持ちいいものです♪ブログ読んでくれた人もいるかな~なんて思いながら、ニマニマ走りました。

川沿いコースにお別れして、多摩堤通りに戻ります。応援の人波、続いてます。ありがたいですね~。「女子ガンバレ」はもちろん、「お姉さんガンバレ」とかゼッケンナンバーを呼んで応援してくれる方も。「ありがとうござ…」くらいで、次の「ありがとう」を言わなきゃいけないくらい、応援していただきました。

多摩堤通り沿いに建つマンションのベランダから応援してくれた女の子がいたので、その子にも手を振ってみた…ら、ニコニコ手を振り返してくれた♪

ジョグ走りなのでバンバン抜かれてるんですけどね、足が攣ったのか、道路端で立ち止まってる人には「大丈夫ですか~?」と声をかけたりしながらニコニコ走ります。

気持ちよく走って15km

~15km 24'58"

なんとか5'00"/km前後で走れてます。この辺りはお巡りさんがたくさん立ってたような記憶。女性警官さんから応援してもらい、「ハイ!」と気合いが入りました。

そして第3給水。だいぶ暑くなってきたので、ここでもたっぷり給水。ここでも路上に落ちてる紙コップは数えるほど、みんなゴミ箱にちゃんと入れてる…と思った矢先、目の前を走る某高速ランニングチームのTシャツを着た男性ランナーが道路にバシャっと紙コップを投げ捨てるところを見てしまいました。カッコいいと思ってた高速ランニングチームのイメージが…ダウン↓。

そして…ついに来た。苦手な上り坂~!苦しいけど、ここも応援がたくさん。苦しいところでいっぱい声かけてもらえます。本当にありがたい。はぁはぁ言いながらも、笑顔になれる♪

なんとか坂を上りきり、目黒通りを走ります。高架のところはさすがに応援の人がいないんだけど、近くに建つマンションのベランダから応援してくれてる人が。感謝をこめて、手を振りました^^。

この先はゴールまでずっと応援が絶えなかったと思います。本当にたくさんの人が声掛けてくれて、10kmまでの疲れもちょっとずつ取れてきて、徐々に元気復活。

「ありがとうございます~」って言いながら走るって本当に気持ちいい~!左折して駒八通りに入ります。前方に駒沢の記念塔が見えた。依然続く応援。アミノのキャップをかぶった女子2人組も応援してくれた。ありがと~♪

右折して駒沢通り。すぐに駒沢公園に入り、公園内のジョギングコースを走ります。20km

~20km 24'48"

応援のおかげでビミョーにペースアップできてます。ラスト1km、ペースアップすることに。前を行くランナーをどんどんロックオンしていきます(笑)。1人だけはぁはぁ言うほどの呼吸音になってて、振り向かれたりしますが(^^ゞラストスパート続行。

競技場に着き、トラックを快走。ゴール目指してスパート~!

~ゴールまで 4'44"

ゴールで誰かが名前呼んでくれたけど、またゴメンナサイ、誰か認識できず。ゴール後は、ゼッケンのバーコードを読み取ってもらい、チップをはずしてもらい、即記録証を発行してもらえます。



タイム 1:38'12"

自己ベストには遠く及ばずですが、10kmの地点では1:40を切るのはビミョーかも…と思っていたので、健闘した方だ♪と思うことにしてます^^。

ゴール後すぐに両親に電話してお礼と順位を伝えましたヨ。喜んでくれました(*^_^*)。

ゴール後すぐに記録証もらえるのって嬉しいけど、ぐちゃぐちゃになったりしません?世田谷246ハーフでは、クリアファイルに入れて渡してくれるの。とっても良心的。おかげでぐちゃぐちゃにもならず。

歩いていくと、だ~いぶ前にゴールしたつなさんとgongonさんが着替えもせずに待っててくれました。ゴールで名前を呼んでくれたのはgongonさんでした。ありがとうございますっ!!

着替えて、3人でランチして帰ってきました。それでも午後1時くらい。早い!

参加賞はTシャツ。後ろの首元に小さく字が入ってるだけ。参加賞Tシャツっぽくなくて私はイイと思う。あと、協賛からの(?)メンディングテープとボールペン。



以上、世田谷246ハーフレポでした。

同じカテゴリー(世田谷246マラソン)の記事画像
世田谷246マラソン 応援
世田谷246ハーフ2013
世田谷246ハーフ★応援レポ
世田谷246ハーフ 前半戦
同じカテゴリー(世田谷246マラソン)の記事
 世田谷246マラソン 応援 (2015-11-09 20:45)
 世田谷246ハーフ2013 (2013-11-11 20:45)
 世田谷246ハーフ★応援レポ (2010-11-24 20:45)
 世田谷246ハーフ 前半戦 (2009-11-09 21:38)