つくばマラソン レポ3|美ジョギング
楽しく・美しく走るのがモットー。年に何度かはタイム狙ってみたり、ウルトラもやってます。
プロフィール
Jun
Jun
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 93人
QRコード
QRCODE
過去記事
2009年11月26日

つくばマラソン レポ3

つくばレポート最終章。31km~ゴールまで。
しばらくは先行した里奈さんやみっちゃんの背中見ながら走ってたんですが、いつしかそれも見えなくなってる。彼女たちのペースアップもあるけど、時計を見ると私のペースも落ち始めてる…。

足の状態は相変わらずで、ペース上げようと足に力入れるとピッキーンといってしまいそう^^;。上半身は元気なものだから、思いっきり走れないことがもどかしくてしょーがない。

なんとかならないものか…と給水のタイミングでフリーダムを摂取してみる。今度はうまく飲めた(笑)。

このあたりは沿道の応援は少なめだった気がする。ぽつぽつ立っててくれる感じ。声かけてくれる人には答え続けてます。この時、近くを走ってた男性ランナーさんも応援に答えてた。素敵だなと思った♪

35km到着~。25kmからの10km分のタイムで

35km 49'00"

31kmまでが27分台として…32kmからはやっぱりペース落ちてるということに気づき、軽くショック受ける。壁出現~ってほど足が重くなったりはしてないのになぁ。足がどんどんかたまってるのかな…攣りそうになってからかれこれ10km以上走ってるのでもうよくわかんない^^;。

35kmを過ぎると、このコース一番の難所【の】の字の上り坂が待ってます。ここまでは足を誤魔化しながら走ってこれたけど、上り坂は誤魔化せそうもない。攣るならここだ~って思っていたので、SPIBELTの一番奥に1袋だけしのばせていた芍薬甘草湯(←足攣りに即効性があるらしい)を飲む。

しばらく走ると問題の坂が見えてきた!


※photo by himeさん

この坂は行きと帰りの2度通ります。この写真は行きに撮ったもの。行きは橋の上からきて、坂を下って道路に出ます。帰りはその逆。道路からぐいぐい坂を上って橋にたどりつかないといけない。35km走ったあとにこの坂、本当にキツいよ…(涙)。

足はもう激ヤバ。足の負担を減らそうと、歩幅を狭くして腕を振る。腕のチカラで坂上る。芍薬甘草湯の効果もあってか、なんとか足が攣ることなく坂を走って上りきれる~と思った時、MY☆STAR応援団の姿が目に入る(感謝)。

嬉しくて、また情けない走りを露呈していることが情けなくて泣きそうになる。ゴールはまだまだ、泣いてる場合じゃありません。感謝をこめて手をぶんぶん振りました。ものすごい声援が返ってきます。ありがたい。もっと頑張って走らなくちゃ。

…とは言っても、坂を上った足はガッチガチ。下り坂でさえペース上げられない、情けない。情けないところでパパランナーさんとエッピーさんが応援に立っててくれた。頑張る。

気づけば残り5kmまで来たよ。給水のタイミングでヴェスパハイパー補給。ヴェスパパワーでなんとかペースアップできないものかっ!

…という思いとは裏腹に、時計を見ると明らかにペースダウンしてる。5'00"/kmオーバーしちゃってる。心肺には余裕ありありなのに、足が…。滅茶苦茶悔しい。足に、体に「動け、動け」と思いながら走る。

筑波大学の構内に入り、2回目のランナーすれ違いゾーンへ。途中まで一緒に走っていたaiaiちゃん発見。「頑張れ~」って叫ぶ。頑張ってる。きっと行ける!自分のことみたいに嬉しくなる。

続いてゆきさんが来た!またも「ゆきさん頑張れ~」って叫ぶ。すんごい頑張ってる。15分に間に合いますように。

この後は多くのMY☆STARメンバーとエール交換しながら走りました。もうすぐ折り返しというところで、突然「Junちゃ~ん」って名前呼ばれる。

声の方を見ると、チア姿のチェリーさんがポンポン持って飛び跳ねてる。めっちゃ嬉しい~(T_T)。私もなんか叫びながら手を振ったような気がする。

ちょっと進むとまた名前呼ばれる。今度はペンギンさんの着ぐるみきたMIKIさん♪このあたり、かなりヘタレてたと思われるんですが、「Junちゃん速いよ~」なんて言ってもらい、「ありがと~頑張る~」とか言いながら走ってたかな^^。

MIKIさんが「Jun」と呼ぶのを聞いて、お隣を走っていた男性ランナーさんが気づいてくれたようで、突然「ブログ読んでますよ」って話しかけてくれました。「ありがとうございます」とお礼。(これも読んでくれてるかな?)

折り返しまでが長くて、ここキツかったですね^^;。みんな「あそこ辛かった~」って言ってました。キツかったけど、折り返して再びMIKIさんの声援を受け、チェリーさんに向かってまっしぐらに走りました。

チェリーさ~ん!


※photo by himeさん

チェリーさん、カメラ構えて写真撮ってくれました^^。白ゼッケンで走ってます(笑)



ヘタレてたけど、チェリーさんのおかげで笑顔全開で走れるようになったよ。応援のチカラってすごいよね。本当にありがとう☆

仲間からの応援にチカラをもらい、何とか足が攣ることなく40km到着。

40km 25'29"

あぅ…なんと情けないラップ。でも何とか5分前半で食い止められてるじゃない、と前向きに捉える(←楽天的な性格です^^)。残りあと2kmだ~!もう足が攣ったってゴールには辿りつけるでしょ。動かせるだけ足動かそうじゃない!

…って思うんだけど、目の前には上り坂登場~。ちょっとテンション下がりそう…なところで、突如沿道から名前呼ばれる。mariさんでした!いいところで応援ありがとうございました!mariさんが見てるかも、カッコ悪いとこ見せられないって坂上れました♪

何度も(何度でも)書くけど、応援は本当にありがたいっす。ここから先はゴールまで応援の方が多くて。だからキツくてもゴールまで頑張れました。22日、沿道で応援して下さった全ての方に改めましてありがとうございます<(_ _)>

体動け、足動け。いよいよトラックに入る。トラックに入ったところで、ぱっきーさんtakeshiさんが応援してくれた。「ありがと~」って元気な声と、走りが連動してないのが情けない。でも精一杯走る。

ほどなくMY☆STAR陣地前を通過。3時間15分はとっくに過ぎ、情けない走りになってるのに岩本さんが応援してくれる。いっぱいサポートしてもらったのに、結果出せなくてごめんなさい…(T_T)。先にゴールした男子メンバーも応援してくれる。動け、私の足!

さらに進むと今度はyasさんが応援してくれる。いつもゴール前で応援してくれてありがとう。もっと動け、私の足!

さらにその先、「Junさん頑張って~」って声が飛んでくる。ゴールばかり見てて誰だか認識できず。「ありがとうございま~す」とお礼だけ言って、ゴール目指して走って・走って・走ってゴール。

GOALまで 10'59"

手元の時計で3:22'20"

走ってる最中は一切計算能力を失うワタシ…(^^ゞ。残りの距離からペースを考えるなんて器用なことできません。だからその時、その時で精一杯の走りをしてきたつもり。その結果を5kmごとのラップで見てただけ。トータルタイムも1度も見てませんでした。

そっか…失速した、撃沈レースだって思ってたけど、自己ベストは更新できたんだ。

左足の裏に大きな水ぶくれができてて、ゴールした途端にすごく痛くなって、ひょこひょこ変な歩き方で記録証発行所に向かう。

あれ。あれれ…?何だかすごく悔しい。自己ベスト更新できたのに嬉しいなんて全然思えなくて、ただただ悔しい。自分でも不思議なほどに…悔し過ぎて、涙が出てきちゃいました。

この時、唐突に気づきました。

3時間15分ペーサーについて走り始めておいて変な話ですが、「3時間15分を切る」というのは私にとっては叶わぬ夢みたいなものだと思ってました。

でもゴールして猛烈な悔しさを感じ、叶わぬ夢って思ってたのは間違いで、実はものすごく叶えたい夢だったということに気づいたんです。ものすごく3時間15分切りたかったということに気づいたんです。

そうだよね。だから、撃沈覚悟で私には無謀とも思えるペースにも食らいついて行ったんだ。走ってる最中、無難に自己ベスト狙おうという考えは全然なかった。

国際レースに出れるとか出れないとかは置いといて、ただただ3時間15分を切りたい…と42km走り終えて強く思ったんです。わかったんです。気づくのが遅すぎて、我ながら呆れちゃう(苦笑)。1人歩きながら涙が溢れてくる。

3時間15分を切れなかったことは猛烈に悔しいんだけど、レース内容には悔いなし。私にできる精一杯のことをしてきたと思えるから。私なりに思いっきり走れたから。

涙をこらえたり、こらえきれずに出ちゃった涙をふきながら記録証発行所へ。一緒に走っていたaiaiちゃん発見。顔見たら、涙止まらなくなった^^;。一番聞きたかったことを聞く。

「どうだった?」
「国際ゲットしたよ~」

aiaiちゃんをハグしながらまた涙。これは嬉し涙ね^^。ゆきさんも発見。ゆきさんは惜しくも…一緒にまた涙。

ようやく記録証もらいました。



もらったところで、宮古島ウルトラチャレンジで一緒だったオダッチが声かけてくれる。ゴール直前、名前を呼んでくれたのはオダッチだった。オダッチの顔見たらまた泣けてきた(T_T)。オダッチは自己ベスト更新したというのに、それを一緒に喜んであげるより先に泣いちゃった。

MY☆STAR陣地に戻ると、岩本さんが笑顔で「よく頑張った」と迎えてくれる。また涙出そうで顔見れない。。。他のメンバーの結果を聞き、一緒に喜んだり悔しがったり。

悔しいって言ったってね、みんな自己ベストだよ。自己ベストなのに悔しいって変だよね(笑)。でもそういう気持ちを共有できる仲間とともに走れたことを嬉しく思う。またみんなで頑張ろうねと誓い合った。

つくばマラソンに参加された皆さんお疲れ様でした!運営スタッフさんありがとうございました。応援して下さった皆さん、ありがとうございました。

以上が私のつくばマラソンレポ。遅くなったうえに、長々と失礼しました。

同じカテゴリー(つくばマラソン)の記事画像
ゼッケン届きました
つくばマラソン2012 レポ
つくばマラソン2012
つくばマラソン2011
つくばマラソン 大会プログラムの裏見ました?
つくば写真公開中~
同じカテゴリー(つくばマラソン)の記事
 つくば、DNSです (2014-11-22 20:45)
 ゼッケン届きました (2014-11-10 20:45)
 つくばマラソン2012 レポ (2012-11-28 20:45)
 つくばマラソン2012 (2012-11-26 20:45)
 つくばマラソン2011 (2011-11-28 20:45)
 つくばマラソン 大会プログラムの裏見ました? (2011-11-21 20:45)