いわい将門ハーフマラソン レポ|美ジョギング
楽しく・美しく走るのがモットー。年に何度かはタイム狙ってみたり、ウルトラもやってます。
プロフィール
Jun
Jun
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 93人
QRコード
QRCODE
過去記事
2011年11月14日

いわい将門ハーフマラソン レポ

久しぶりのレース。いわい将門ハーフマラソンの10kmの部に参加してきた。
朝からいいお天気!



会場まではちょっと遠かったけど、お友達の車に同乗させてもらった(感謝)。

レース参加が久しぶりで、何をどうするんだっけ?と考え込むことしばしば(笑)。受付ハガキ、危うく忘れそうだったし^^;。

会場に着いてたくさんのランナーを見ていたら、「そうそうこの感じ」と思いだしてきた(←みんな速そうに見える)。みんなに習って受付を済ませ、ゼッケン&参加賞Tシャツを受け取る。

更衣室を探そうと思ったら、同行のお友達がテントを持参してくれていて(!)、混雑知らずのテントで着替えることができた(深謝)。

着替えも済んで後はスタートを待つばかり。同行のお友達はみーんなハーフ参加。みんながスタートに向かい始める頃、1人アップを始めた(…と言っても1kmちょい走っただけ^^;)。

アップジョグですでに汗が出る。暑いかも?

ウィンブレ脱いでスタート地点に向かう。汗もかいてるし、日差しも強くて全然寒くない。やっぱり暑いかも?

スタート地点でジョグノお友達に会いおしゃべり。スタート前の緊張が和らいだ。

「そろそろスタートだね~」なんて話してたら、何の前触れもなく(?)いきなりな感じでスタートの号砲が鳴った。

全力で走りたい…けど、走れない。スタート位置に失敗したみたい^^;。「こんなペースで走ってたらもたないね~ペース落とそう~あはは~」なんて会話してる人をひょいひょいよけながら進む。

3kmくらいまでは沿道に応援の方がたくさんいらした。声援をいただくが、全力で走ってるので頷いたり、手を振るのが精一杯(心の中ではいっぱい感謝してるんだけど)。

2kmの手前くらいだったかな?ゲストランナーの有森さんがいて。手を上げて待ってる。

ハイタッチしようと走って行くと、有森さん手を上げたまま「ほら頑張って」と走り出す。にこやかに走ってるけど、やっぱり速い。

追いつきそうになると、またちょっと走るの有森さん…。思わず「有森さん、キツいよぉ~」と言ってしまった(苦笑)。

頑張って走ってようやくハイタッチできた…けどもう疲れた(おかげで、この区間が最速ラップだったりする・笑)。

この後は前を走るランナーさんの背中を追いかけながらとにかく前へ。ずっと苦しい。

折り返してしばらく走ると、再び有森さん登場。声をかけてくれて、ちょこっと並走してくれた(嬉)。「頑張って」と背中を叩かれ、気合いが入る。

気合い入れて走っていくと…あれ、なんか混んでる。道幅いっぱいにランナー。後からスタートした5kmのランナーと合流するんだ…知らなかった。

混んでるうえに、いろんなペースの人が入り乱れていて走りにくい。ペースがわからなくなる。先行する10km参加ランナーの背中だけみつめて走った。

喘ぐような呼吸を続けながら、会場に戻ってきた。頑張ってもラストスパートと言えるほどスピード上がらないけど、とにかくゴールへ。

はぁぁぁ~苦しかった。ゴール後すぐに完走証が発行される。



タイムは41'32だった。自己ベストには及ばず…残念。が、順位を見ると『4位』となっているではないかっ!ドキドキわくわくしていると、入賞者で名前呼ばれた~(嬉)。

完走証をもらった後、完走賞なのかな?レタスと焼き肉のタレをもらえた。これが参加賞のTシャツと完走賞。



レタスは丸1個の形でもらったんだけど…すでに食べやすく解体済み(笑)。

続々とゴールする人がいる中で、表彰式が始まった。わーい^^



立派な表彰状と楯をいただいた。



同行のお友達もハーフの団体戦で入賞!久しぶりのレース、色々と満喫できた。

参加された皆さんお疲れ様でした。親切な大会スタッフさんありがとうございました~!